So-net無料ブログ作成

掃除機の選び方

一言に掃除機といっても、紙パック・サイクロン・コードレス・自動制御など、

実にいろいろなタイプがあります。

各ポイントを整理して自分に合った掃除機を選びましょう。


・集塵方法
<紙パック式掃除機>
-メリット-
吸引力が強い。
ごみに触れることなくパックごと捨てられるので衛生的。
-デメリット-
紙パックにゴミがたまると吸引力が落ちる。
紙パック代がかかる。

<サイクロン式掃除機>
-メリット-
紙パックが不要なので経済的。
吸引力が落ちない。
排気がクリーン。
-デメリット-
ダストカップからごみを捨てるときにホコリが舞う恐れがある。
排気をろ過するフィルターのメンテナンスが必要。


・形状と電源タイプ
<キャニスター型掃除機>
掃除機本体にキャスターがついているもっともポピュラーなタイプ。
取り回しなど機種により特徴があるので、現物で確認することをおすすめします。

<スタンド型掃除機>
本体に直接ヘッドが付いていて立てたまま収納するタイプ。
非常にコンパクトで収納するにも便利。
比較的コードレスタイプが多い。

<ハンディー型掃除機>
このタイプはほとんどがコードレスタイプ。
コンパクトで手軽に掃除できるのが便利。
テーブル上など床以外の場所にサブクリーナーとして使うことが多い。

<コード付きとコードレスの比較>
-コード付き-
コンセントから直接電源をつないでいるのでハイパワーで時間を気にしないで使える。
一方で移動範囲に制限ができてしまうのと、掃除中にコードが邪魔になることもある。
-コードレス-
事前に充電しておくことが必要だが、どこでも手軽に使えつので便利。
だが、コード付きよりパワーが劣ることと、使用時間に制限があることがネックとなる。


・ノズルヘッドの特徴
<モーターヘッド型>
ヘッド部分のブラシがモーターで回転するタイプ。
強制的にブラシが回るのでホコリをしっかりかき出します。
カーペットが多いお宅におすすめ。

<エアータービンヘッド型>
ヘッド部分のブラシが吸引する空気の力で回転します。
ゴミのかき出す力は劣りますが、ヘッドが軽いので非常に楽です。
フローリングの多いお宅におすすめ。










最新掃除機ランキングと特徴【楽天市場】

第1位

ふとん専用ながら堂々の第1位。
特徴は「光クリーン」メカニズム。
ダニなどのアレル物質をたたき出し、UV(紫外線)を照射しつつ吸引することによって
細菌を除菌し、寝具を衛生的に保つメカニズムです。


第2位

やはり人気のサイクロン式が第2位。
「遠心分離式サイクロン」を採用することにより高速旋回気流でごみと空気を強力に遠心分離します。
微細なホコリもしっかりキャッチする「HEPAフィルター」も搭載。


第3位

ヘッドがクルッと回り狭いところもスムーズにお掃除。
ホースも手元で回転するのでねじれにくい設計になっています。
掃除機の基本はおさえた、コストパフォーマンスに優れた商品です。


第4位

アイロボット社が開発した最先端のロボってテクノロジーを掃除機へ。
自分で調べ自分で考え自分で掃除する、「人工知能AWARE」を搭載。
ルンバ独自の3段階クリーニングシステムで「かきだす」「かきこみながら」「吸い取る」を同時作業。
壁際、テーブルの足回り、ソファやベットの下もしっかりお掃除。
ルンバに任せておけばいつでもお部屋はきれいなままです。


第5位

新バッテリーを採用することにより、軽量コンパクトながら吸引力はダイソンならでは。
ダイソンデジタルモーターを搭載し毎分最大104000回転します。
これが小型かつ軽量でありながらも高い吸引力を維持する理由です。
ノズルを取り外すことでハンディークリーナーにもなり、どんな場所でも気軽にお掃除できます。



Copyright © 【掃除機】最新ランキングと掃除機の正しい選び方 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
通貨数が多いFX業者

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。